スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「キングダム カム」!な、59作目!

逕サ蜒・3_convert_20101126172121-13
コミケカタログの発売が迫ってきた年の瀬。
皆様いかがお過ごし?

お久しぶり&お世話になっております、僕ですよ?

最近は、(正確には半年前から)お笑い芸人の
「野生爆弾」さんが凄い面白いです。
(特に、くうちゃんこと川島さんが凄い良いです!)

でも、ロッシーも違う意味で凄いっス!
(ロッシーとホウホウとか。)

深夜に放送している「笑いの妖精」。
川島さんの所が見たいが為、見てますし。

ちょっと、(かなり?)「お笑いとして」取っ付きが悪い気がしますが、
皆様も要チェックです!

前振りが終わり、これから「終わりが始まる」・・・!
そんな、「ハガレン」最終巻出たんだ。な僕が今回、皆様にヒッソリと
耳打ちしたい作品は、そう。

「キングダム カム」(小学館 アレックス・ロス画 原作はちょい忘れた)
です!!

・・・この作品、「また」アメコミですが。

いや、皆様のアメコミに対するお気持ちは解るつもりです!

「色んな作家が描くから当たり外れが激しい」

「原作も寄って集って書くので他の作品との一貫性が無い」

「その場限りの設定・ストーリーが多すぎる」

「舶来品なので値段がお高い」

「シリーズ物の場合、どれが本筋か解らない」、等等・・・。

・・・実際、「その通り!」なのですが・・・。

ですが、そんな「その場限りの作品」の山の中にも、とんでもなく
凄素晴らしい作品が生まれる事が・・・。

そんな「一握りのダイアモンドのよーな作品」が「キングダム~」です。

ストーリー的には、
「現代のアメリカ。人々を守ってきたヒーロー達(スーパーマンとか、
バットマンとかマイティ・ソーとか)は世界への干渉を止め、それぞれの人生を
生きていた。街には新しい世代の超人達が居たが、モラルが低く、傍若無人に振舞っていた~」
、みたいな?
(説明が難しいので、各自、要確認ですぉ!?)

まー、この作品。何が凄いって。
「絵が半端無く巧い」のです!これぞ正に「パ無ぇ!!!」です。
(まー実際、ロスさん。友人知人にモデルに成ってもらって描いてますから
巧いのも在るかもですが)
それにしたって、「巧いにも程が在る!」と思いました、自分。

あと、ストーリーも、「これも半端無ぇ巧さ・深さ・面白さ!」です。

値段は舶来物ゆえ、少々張りますが。それに十分見合う本だと思います!
未読の方は、「勇気を出して、レッツ・トライ!」ですぉ?
(自分は、前に発売した時の「旧版」でガマンします・・・)

(「興味は有るけど、う~ん・・・」とゆー方は、
「アレックス・ロス」とゆー名前だけでも憶えて帰ってくださいね^^)

ちなみに、今回の元ネタは、「男O」&「ゲーセンで椅子の不法占拠してた
女子高生」です!
(ちなみに、5コマ目で二人がPLAYしてるのは「プリキュア」のダンス・カードゲーム
です!^^)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。